×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

TOP特集TOP 用語集ブログ 温暖化問題サイト
年表SN1987Aの一生 太陽の恵宇宙の果て 宇宙の最後
メシエ天体一覧冥王星の76年 世界のロケット1世界のロケット2 XXX移住計画1
XXX移住計画2 冷戦と宇宙 地球外文明宇宙船地球号 銀河系中心部へ…
元素誕生物語温度・重力 気圧密度・質量・速度 光度・直径
E=質量×光速2
これは、アインシュタインがつくった質量とエネルギーは等価であることを示した式です。これによれば、あなたのサイフに入っている1円玉1枚に広島型原爆並みのエネルギーが眠っていることになります。宇宙の様々な現象や物体はこのエネルギーの一部を解放しています。例えば原子力発電所や太陽、また単に重いだけの物体もそうです。どういう過程かというと、高いビルから鉄球を土に落とすと、地面に穴ができます。この穴は地球の重力が鉄球の質量から解放したエネルギーであけたと言えます。そこで以下にその現象や物体が関わった物質の質量の何%をエネルギーに変換できるか書いてみました。
       
白色矮星 0.01%
原発の核分裂反応0.1%
水素の核融合反応 0.7%
シュヴァルツシルド・ブラックホール 6%
中性子星 10%
極端カー・ブラックホール 45%
対消滅 100%

エネルギー

以下に様々なモノが持ってたり、放出するエネルギーを書いてみました。(1calは、1gの真水の温度を1度上げるのに必要な熱量)                  
広島型原爆1.5×1013cal
長崎型原爆2.2×1013cal
ビキニ環礁で炸裂した水爆1.5×1016cal
ツングースカ大爆発 1.3×1016cal
50メガトン爆弾5×1016cal
台風1.5×1018cal
スマトラ沖大地震5.7×1018cal
全面核戦争1019cal
恐竜を絶滅させた巨大衝突 1023cal
太陽 9×1025cal
イータ星 4.5×1032cal
ピストル星 4.7×1032cal
SN1987A 1.3×43cal
超新星爆発 2.4×43cal
ハイパーノヴァ 2.4×1045cal
ガンマ線バースト 2.4×1046cal
宇宙空間が持つ全エネルギー 2.4×1071cal
TOP特集TOP 用語集ブログ 温暖化問題サイト
年表SN1987Aの一生 太陽の恵宇宙の果て 宇宙の最後
メシエ天体一覧冥王星の76年 世界のロケット1世界のロケット2 XXX移住計画1
XXX移住計画2 冷戦と宇宙 地球外文明宇宙船地球号 銀河系中心部へ…
元素誕生物語温度・重力 気圧密度・質量・速度 光度・直径