×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



XXX移住計画
ここでは、地球以外の惑星等に可能な場合はテラフォーミングを行い、できない場合はどんな感じで移住したら良いかを、勝手に想像してみました。

水星

まず水星の環境ですが、空気無し、水無し、最高気温450度、最低気温-180度、大気が無いため太陽風、放射線をモロに食らう、とかなり厳しいです。また、ここでは1日が地球の176日、1年が地球の88日、と1年より1日が長くなっています。太陽に近すぎ、さらに、厚い大気を維持できるほどの重力を持っていないため、テラフォーミングは不可能です。ということで、地下に住むことにします。(少しでも、熱を避けるため、極地方を開拓します。)精密機器は極高温には弱いようですが、ボイジャー探査機が普通に海王星探査をやっていたことから、極低温は大丈夫そうです。そこで、地球換算で88日間続く夜間に、強力な爆弾、地球から持ち込んだ酸素タンク付工作機械を総動員して、巨大な空洞、それを支える柱を造ります。次に内部の温度を保つため、熱伝導率の低い物質で、空洞の天井を分厚くコーティングします。出入り口は、スロープでいいでしょう。ただし、気圧の調整のため、5箇所ぐらいにゲートを設置し、1番ゲートを開ける→1番ゲートを閉める→2番ゲートを開ける→2番ゲートを閉める→3番ゲートを開ける、と段階的に人や物資を通します。次にこのままだと、内部は真っ暗なので電灯をつくります。この動力は太陽電池で生み出します。そのために、天井と地上をつなぐ穴を開け、ガラスをはめ込み、窓を造り、熱から機器を守るため、何重にもガラスに太陽光の中の赤外線だけをカットするフィルムを貼ります。さらに放射線から内部を守るため、太陽電池室を天井まで続く分厚い壁で完全に隔離します。後は壁に小さな穴を開け、電線を通します。(太陽電池のメンテナンスは、夜間に宇宙服を着た作業員が、窓からハシゴで入って行う)安定供給を可能にするため、同じ仕組みの、太陽電池室をいくつも造ります。これを動力として、植物を育てられるランプを灯し、植物工場を造ります。(ランプと培養液で、作物を育てる植物工場は実際に今の日本にもあり、台風による野菜価格高騰時に、注目を集めました。)そして、その敷地の半分に遺伝子操作で、成長速度を高めた食用の作物を植え、残りの半分には、遺伝子操作で酸素生成能力を、極限まで高めた植物を植えます。
 これで酸素、食料、の確保ができました。次は水です。もちろん、水星に液体の水はありません。しかし、氷としてなら永久に太陽に照らされない極地方のクレーターの底にあると言われています。それを室温で解凍すれば飲めるでしょう。同時に、爆弾等で人工的に、大穴をつくり、その低部に地球から持ってきた水を凍らせて保存しておくという手も使えるかもしれません。そうしてつくった水をフィルターでろ過し、砂を取り除けば飲めます。水星の影の部分は、気温-180度ですから、殺菌もできているはずです。また、水を水星で、自家生産することも出来るかもしれません。宇宙空間は、完璧な真空ではなく、1立方センチにつき、水素原子が、数個あります。それを、集めてきて、植物工場で作った酸素と反応させるのです。
 残る問題は地球換算で、88日続く夜間の、電力供給をどうするかです。これは、住居地区から、離れた場所に、小型の原子力発電所を、造れば何とかできます。後は、映画館等を抱える娯楽地区運動施設を持つスポーツ地区、地球から届いた物資を、販売する商業地区、各地区をまとめる内政地区等を造ります。(動力は全て住宅地区と同じ)最後に、これらを、地下トンネルで接続すれば、地下都市の完成です。

まとめ


金星

金星の環境は気温480度、気圧は地球の100倍、という灼熱地獄です。なぜ金星より太陽に近い水星以上の高温になってるかというと、大気の主成分である二酸化炭素が、とてつもない温室効果を金星に与えているからです。金星を人間が住める環境にするには、この二酸化炭素を取り除くと共に、星全体を冷却する必要がありますが、反物質爆弾を使います。これを、あちこちで爆発させて余分な二酸化炭素を宇宙空間へと吹き飛ばします。しかし、これだけでは地球並の気温にはなりません。金星には、地球の2倍の太陽エネルギーが降り注いでいるからです。この余計なエネルギーを返品するため、巨大な鏡を取り付けた人工衛星を金星の衛星軌道にドカドカ投入します。気温が下がれば、自然の太陽光と人工の培養液を使った直物工場を建てまくって、酸素をつくります。(金星の地面は大量の硫黄を含んだ火山性の土なので、直に植物は植えられない。)また、木星の輪や衛星表面にある氷を持ち出し、金星で解凍して、水をつくります。次は電力を生み出すために、太陽電池と風力発電を組み合わせた発電地帯を造ります。後は発電地帯を造る→その周りに、住居地区、その他の施設を整備していきます。金星では、充分な水を確保するのが難しいですが、これさえクリアすれば、重力は地球の0.9倍ですから、かなり住みやすいと思われます。
まとめ


特集TOP
用語集
TOP