×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


海王星


英語ではネプチューンと呼ばれる太陽系第8惑星で、半径2万4764km、質量1.024×1026kg。 水素、ヘリウムが主成分のガス惑星で、天王星と同じく大気中のメタンが赤い光を吸収するため、青緑色に見えている。探査機ボイジャーによって海王星表面に大暗斑という模様が発見された。これは、高気圧の渦巻と考えられている。大暗斑の寿命は短く、数ヶ月ペースで生まれては消えている。また、海王星はトリトン等、8個の衛星と4本のリングを持っている。





もどる

用語集TOP

特集

暇つぶしコーナー

TOP