×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


天王星


英語ではウラヌスと呼ばれる太陽系第7惑星で、半径2万5559km、質量8.683×1025kg。天王星は、水素ヘリウムが主成分のガス惑星である。大気中のメタンが赤い光を吸収するため、青緑色に見えている。天王星は自転軸が98度も傾いていて、横倒し状態で公転している。その原因としては、惑星形成後に惑星サイズの天体が衝突し、自転軸を傾かせた、という説が最有力とされている。また、天王星には自転軸を傾かせた衝突で、飛び散った物質が集まって形成された11本のリングがある。これらのリングは非常に細いが、羊飼い衛星の重力作用で、安定して存在している。衛星数は21。





もどる

用語集TOP

特集

暇つぶしコーナー

TOP