×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


アンタレス


地球から500光年離れた所にあるさそり座の赤色超巨星で、直径は太陽の230倍。 (最近はもっと大きいといわれ最大で太陽の800倍の可能性もある)その赤い輝きから星空の中ではさそり座の心臓といわれている。また、アンタレスという名はギリシャ語で"火星に対抗するもの"という意味で、名前も赤い輝きから付けられた。





もどる

用語集TOP

特集

暇つぶしコーナー

TOP