×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


プレ・ビッグバン理論


プレ・ビッグバン理論は宇宙誕生を記述する理論として議論されている。これによると宇宙誕生前には無限の広さの空間に希薄なガスが漂う世界があった。やがてガスは自分自身の重力で収縮を始め、空間の様々な場所でブラックホールになった。そのブラックホールは辺りをガスを吸収しだした。それにつれてブラックホールの中心部は超高密度になっていった。そして密度上昇が限界に達するとブラックホールは今までとは逆に猛烈な速さで物質を放出し始めた。これがビッグバンだという説。読んで分かる通り非常に過激な説であり、大論争をよんでいる。





もどる

用語集TOP

特集

暇つぶしコーナー

TOP