×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


卒業


いつも友達に開けてもらってた窓
最近やっと手が届くようになった
少し得意げに開け放てば
見下ろした先"卒業"の文字が目にとまる

振り返れば見える 君の鮮やかな笑顔も
もうすぐ遠くに行ってしまうの?

時の階段のたった三段に
どれほどの想いが刻まれただろう
僕のキャンパスに残されたわずかな白紙
君を描けないまま今も埋まっていく


いつか噂になった君の好きな人
言われた名前に僕はいなかったよね
それは分ってた でも切ない
思い出す僕"卒業"の時が近づく

遠い日の帰り道 君と並び歩く誰か
僕は代わりになれはしなかった

時の階段のたった三段を
どれだけの涙で濡らしただろう
雪の溶けた先に広がってる未来へと
君は僕に背を向け歩みだしていく


強がりの笑顔と本当の泣き顔
どちらを君に見せれば記憶に残してくれる?


時の階段のたった三段に
どれほどの想いが刻まれただろう
その一つ一つが明日の僕をつくると
独り信じていれば明日に向える?

君がいなくても…

もどる

TOP