×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


二人の湖


いつかの冬休みに君と見つけた小さな湖
何より愛しいのは君の無邪気な後ろ姿
凍った湖の上 鬼ごっこをしていて
走りすぎた僕らは鳥居にもたれて一時休戦

それから振り返り落書きをしたね
「消えないで」と願いを込めていたら…

不意に降り始めた雪 湖にゆっくり積もりだして
僕らにとっての初雪をじっと見つめたね
二人で肩を抱き合い隠れた木の下で
「ずっとこのままで…」と思う僕
この小さな湖は 大切な思い出になったんだ


大人になった僕はまたあの湖へ行ったんだ
何より嬉しいのはその隣りに君がいること
凍った湖の上 駆け回り転んでいたね
僕は優しく手を差し伸べた真っ白な空の下で

それから確かめたあの日の落書き
「まだ残っているんだ」と二人で騒いでいたら…

不意に降り始めた雪 僕たちは無言になって見上げたね
これで全てがあの日と同じになったんだ
強くなる風に抱かれ手を握り合っていたら 「吹雪いてきたよ」と焦る君
そろそろ街へ帰ろうか どこまでも二人きりで…

もどる

TOP