×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


R136a1


R136a1は大マゼラン雲のタランチュラ星雲で見つかった観測史上最大の質量を持つ恒星。誕生時の推定質量は太陽の320倍、現在の質量は太陽の265倍、光度は870万倍、表面温度は5万3000度。エディントンの限界に達していて、100万年ごとに太陽50個分の質量を放出している。





もどる

用語集TOP

特集

ネットショップ

TOP